• HOME
  • ブログ
  • 就活
  • 「就活が辛くて死にたい」あなたへ。死ぬ必要は無い!これを読め!

「就活が辛くて死にたい」あなたへ。死ぬ必要は無い!これを読め!

「就活が辛くて死にたい…」
「就活が全くうまくいかない。もう死んでしまおうかな」

このように、就活のせいで死にたいと考えていませんか?

この記事では、就活で死にたいと考えているあなたに知っておいて欲しいことや就活が辛くて死にいと考えていた先輩の体験談を紹介します。

この記事を読めば、就活で死にたいという気持ちが落ち着き、もう一度頑張ろうと思えるようになりますよ!

1.就活なんかで死ななくていい。就活が辛くて死にたい時に知って欲しいこと3つ

就活が辛いからといって、死にたいと考える必要はありません。

就活は所詮長い人生における小さなイベントの1つに過ぎず、あなたの人生の全てではないからです。

ここでは、「就活が辛い」「就活がうまくいかなさ過ぎて死にたい」と考えている人に知って欲しいことを紹介します。

就活が辛くて死にたい時に知って欲しいこと
  • 企業の選考は企業の自分勝手な理由で行われている
  • 「新卒で就職しない」という選択肢もある
  • 死んでしまわずに落とされた企業を見返そう

順に説明します。

(1)企業の選考は企業の自分勝手な理由で行われている

企業の就活生の選考は驚くほど自分勝手な理由で行われています。

なぜなら、学生側にとっては人生の一大イベントである就活は企業側にとってはただの企業の成長のための一策に過ぎないからです。

  • 面接官の好みじゃなかった
  • 昨年は技術職が少なかったので今年は総合職の採用を減らして技術職の採用を増やそう
  • この就活生はいい人だけど今いる社員との相性がよくなさそう

など、就活生側に悪のない理由で採用を見送ることは頻繁にあります。

ですので、あなたが就活がうまくいかないのは全てがあなたの人格のせいではないことは忘れないでください。

採用見送りの理由は明かされないことが多い上に、就活アドバイザーは自身の修正・向上のアドバイスしかしてこないので、この事実は忘れがちです。

気に病むことなく、「自分を採用しないなんて、あの会社はバカなことをしたな。後で後悔するぞ」と気楽にいきましょう!

(2)「新卒で就活しない」という選択肢もある

どうしても就活が辛いのなら、思い切ってやめてしまうのも一つの手です。

まだ社会に出たことのない学生にとって、就活とは社会への入り口であり避けては通れないもののように思われますが、実際は就活は人生の選択肢の一つに過ぎません。

実際、昨今では新卒の4人に1人は非正規雇用であると言われており、新卒で就職しないことは決して珍しいことではありません。

新卒で就職しなかった場合の選択肢には、

  • 大学院進学
  • フリーター
  • フリーランスor起業
  • 一人旅に出る

など、就活生が考えている以上に様々な選択肢があります。

避けてもいいことで死んでしまうのは非常にもったいないです。あまりにも就活が辛いならやめてしまうのも悪くないですね。

就活をしない場合のその後について詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてください。

「就活をしない」ってアリ?その後の進路・選択肢は?徹底解説!!

2021.05.03

(3)死んでしまわずに落とされた企業を見返そう

何よりも、死んでしまわずにあなたを落とした企業を見返してやりましょう。

辛い事実ですが、あなたを落とした企業はあなたが死んでしまったとしても何の影響も受けず、何とも思いません。

そもそも、あなたが死んだという事実すら知らないでしょう。

あなたが今まで大切にしてきた思いや夢などが誰にも知られることなく、誰の幸せの助けにもなることなく世界から消えてしまうのはあまりにも悲しく、残念なことです。

死ぬことは企業への報復にはなりません。

就活を成功させて社会でバリバリ活躍し、採用しなかった会社に後悔させてやりましょう!

2.就活で「死にたい」と思った体験談とその解決例3選

ここでは、実際に就活で「死にたい」と思った先輩の体験談とその解決策の例を3つ紹介します。

ここにタイトル
  1. 何十社も落ちて人格を否定されている気がした
  2. 第一希望の会社の最終面接に落ちた
  3. 友達が内定をとっていくなか自分だけ取り残された

順に紹介します。

(1)何十社も落ちて人格を否定されている気がした

就活は誰よりも早く準備していました。誰よりも準備してきたつもりです。しかし実際に就活をしてみても、合格の通知を受け取ることはなく、気がつくと何十社もの会社を選考落ちしていました。当初考えていた会社のレベルから相当落としても、内定を貰えることが無かったこともかなりショックでした。たぶん、就活は自分の人生で一番頑張った経験だと思うのですが、それが認められずに自分の人格を否定されている気さえしてしまいました。そのときあたりから「死にたい」と考えるようになりました。

就活へ十分の準備をしてきたにも関わらず、何十社も落選して自分自身を否定されているような気になってしまうパターンです。

頑張った分、結果が出ないことがより辛く感じてしまいます。

このような場合は、「闇雲に頑張っているだけになっていないか?」と考え直してみると良いです。

頑張ることに満足していると、中身が伴わずに空回りしてしまいがちです。

どのように自身の就活を見直せばいいかわからない人は、就活エージェントに頼ってみるのもおすすめです。

おすすめの就活エージェントはdoda新卒エージェントです。

プロのキャリアアドバイザーがあなたの現在の就活状況をヒアリングし、強みや適性などを明らかにし、会社選びの視点を0から一緒に整理してくれます。

また、通常はわからない面接の合否理由もあなたに代わって聞くので、たとえ一度失敗しても対策して、次に活かすことが可能です。

\まずは無料登録/

dodaキャンパスの評判ってどうなの?利用者の口コミやメリット、デメリットを徹底解説!

2021.05.01

また、自分で就活がうまくいかない原因を探るには以下の記事をご覧ください。

就活がうまくいかない人の3つの特徴とは?原因と対処法について3つ紹介

2021.05.03

(2)第一希望の最終面接に落ちた

ずっと前から行きたいと思っていた会社がありました。事前の準備はもちろん完璧に済ませていて、選考も1次面接・2次面接とスムーズに通過することもできました。最終面接を受け、自分のなかでは“手応え”を感じていたのですが、届いたのは一通の不採用通知でした。それから、目の前が真っ暗になってしまい、就活を続ける気力もなくなってしまいました。

夢が潰えてしまい、活力を失くしてしまい死にたくなるパターンです。

このような状況にならないためには、最終面接ならではの対策など細かな対策まで気を配るのと良いです。

最終面接などでは独特な質問があったりするので、これを対策しておくことが確実な内定獲得につながります。

最終面接の対策については以下の記事が参考になるので合わせてご覧ください。

【就活生必見】最終面接(役員面接)の通過率を向上させる回答4選!

2021.05.03

(3)友人が内定をとっていくなか自分だけ取り残された

就活のスタートは遅かったです。友達が企業の選考を受け始めていると知って、「自分もそろそろ始めるか」という思いで就活を始めました。
そこまでレベルの高い企業を受けるつもりはなかったので、自分の身の丈にあったところを選んでいたつもりでした。しかしそれでも内定を貰えることはなく、友達がどんどん内定をとっていくなかで、自分だけ内定をもらえない日々が続きました。同じ大学に通う親友が内定をとったときには、素直に「おめでとう」と言えなくて、冷たい態度を取ってしまいました。そのときの友達の顔を思い出すたび、自己嫌悪で「死にたい」と考えるようになりました。

友人と比較した結果自身の現状を突きつけられ、死にたくなるパターンです。

この解決策としては、やはり早めの就活スタートが肝心です。

「就活は早くに始めれば始めるほど有利」とよく言われますがまさにその通りで、早めの就活スタートは就活成功への重要なポイントの1つです。

就活のスケジュールについては以下の記事が参考になります。合わせてご覧ください。

就活はいつから?【全体の約92%よりも一歩進める】選考スケジュールを解説

2021.04.30

Offerboxで就活を効率化!




Offerboxと言う就活サービスをご存知ですか?
実は就活生の3人に1人が利用するメガサービスなんです!

特徴は企業側からオファーが来ることです!企業はオファーを限られた人数の学生にしか送れないので、オファーが届いた時点で、企業が注目しているということになります。

就活でオファーをもらうのはもはや当たり前!今すぐOfferboxで就活をスムーズに進めよう!

\就活生の3人に1人が利用/

まとめ

この記事では、就活で死にたいと考えているあなたに知っておいて欲しいことや就活が辛くて死にいと考えていた先輩の体験談を紹介しました。

就活が辛くて死ぬ必要は全くありません。

就活をやめてしまうのも一つの手ですし、何よりも就活を成功させて企業を見返してやりましょう!

関連記事一覧