【航空会社志望者必見】外資系航空会社ランキングと日系比較・採用最新情報

「外資系航空会社ってどんな会社があるんだろう?」
「日系航空会社とどちらを志望すれば良いのだろうか?」
「コロナ禍の採用情報が気になる!」

業界分析や企業分析をじっくりと行うのには時間がかかりますよね。

そんな航空業界を志望する就活生の不安や疑問に応えるべく、この記事では外資系おすすめ航空会社と日系大手航空会社との比較、2021年度時点での採用状況を紹介します!

この記事を読めば、航空業界の就活戦線で一歩リード間違いなし!

1. おすすめ外資系航空会社ランキング

最初におすすめ外資系航空を3つランキング形式で紹介します!

紹介する3社はいずれも世界を代表する航空会社で、航空会社格付けサイトや実際に利用した人から高い評価を得ている人気外資系航空会社になります。

各航空会社の会社情報、平均年収、強み、コロナ対策を説明しているので、企業比較に使用してください。

1位 シンガポール航空

シンガポール航空はイギリス・スカイトラックス社による航空会社の格付けで、実質最高評価のThe World’s 5-Star Airlinesの認定を得ている世界有数の航空会社です!

会社情報

正式名称Singapore Airlines
本社シンガポール
従業員数17,204人
公式ホームページシンガポール航空公式ホームページ

平均年収(CA)

平均年収:457万円

強み

  • 世界一という実績:Airline of the year 2019で世界一位を獲得。
  • ブランド力:世界一の航空会社という看板がブランド化している。

コロナ対策

COVID-19 Airline safety rating 選外

2位 エミレーツ航空

エミレーツ航空は世界最大規模の航路数を持つUAEをベースとする航空会社です!

会社情報

正式名称Emirates
本社アラブ首長国連邦
従業員数81,334人
公式ホームページエミレーツ航空公式ホームページ

平均年収(CA)

平均年収:392~577万円

強み

  • 福祉の充実:女性が働きやすい職場環境、有休消化率の高さ
  • 多国籍な環境:アジア圏だけでなく、世界各国からクルーが採用されている。

コロナ対策

COVID-19 Airline safety ratingで4つ星を獲得

3位 カタール航空

カタール航空は、ドーハに本拠地を置くコードシェアも含め150都市以上の国際的な目的地へ繋ぐ世界有数の航空会社です!

会社情報

正式名称Qatar Airways
本社カタール
従業員数50,110人
公式ホームページカタール航空公式ホームページ

平均年収(CA)

平均年収:444万円

強み

  • 財政面の安定性:カタール資本の基盤の強さや経営者の手腕の高さが評価されている。
  • 将来性:会社自身が急成長中であることや国営ならではの安定性を加味。

コロナ対策

COVID-19 Airline safety ratingで5つ星を獲得(最高評価)

2. 日系大手2社との比較

日本の航空会社も輝かしい実績と高い評価を世界中から得ています。

その中でも、ANAとJALの日系大手2社をご紹介します!

(1)ANA

ANAは日本No1の航空・空運会社です。国内・国外路線共に高いシェアを誇っています!

会社情報

正式名称全日本空輸
本社日本
従業員数45,849人
公式ホームページANA公式ホームページ

平均年収(CA)

450万円

強み

  • 国内航空会社最大の規模感:国際線羽田空港発着便数No.1
  • 国内外からの品質への高い評価:2007年Airline of the Year 初受賞

コロナ対策

COVID-19 Airline safety ratingで5つ星を獲得(最高評価)

(2)JAL

JALはANAに次ぐ日本の航空会社です!高品質のサービスが特徴ですが、経営破綻も経験しています。

会社情報

正式名称日本航空
本社日本
従業員数35,653人
公式ホームページJAL公式ホームページ

平均年収(CA)

520万円

強み

  • 経営破綻の経験:2010年の経営破綻を教訓に財政の安定と効率的な利益追及体制を確立
  • 積極的な投資:格安LCCを傘下にする動きが活発化している。

コロナ対策

COVID-19 Airline safety ratingで5つ星を獲得(最高評価)

3. 2021年度時点の採用状況

就活生が最も気になる航空会社の採用情報・必要資格・新型コロナウイルスの採用への影響を一挙ご紹介します。

(1)コロナ禍での採用状況

新型コロナウイルスで人の移動が制限されてしまい、各航空会社の業績は右肩下がりです。

航空業界は厳しい現状にあると言えます。

外資系航空会社と日系航空会社はコロナ禍でどのような採用状況なのでしょうか?

#1 外資系航空会社

国際線需要がコロナ・ショックにより低下したことにより、人件費カットのため新卒採用は行われていません

現社員もメール一本でクビになったりと、本社が日本にないことのデメリットがコロナ禍において顕著に現れています。

#2 日系航空会社

ANAもJALも、2020年3月期上期(4〜9月)の売上高は前年同期比でそれぞれ25%、26%と4分の1ほどに落ち込み、結果としてANAが2,777億円、JALが2,247億円の営業損失を出しています。

両社は、“苦肉の策”ともいえるコスト削減策として、「社員のグループ外への出向」を打ち出しています。

新卒採用も2022年度は見送られ、航空業界のみを志望している学生にとっては非常に厳しい現状となっています

今後は国内線需要の緩やかな増加が見込まれますが、それほど現状と大差ない新卒採用状況となりそうです。

(2)学生に求められる能力

厳しい採用状況にある航空業界で内定を得るために、学生はどのような能力を身につけるべきなのでしょうか?

必要資格や求められる能力を分析します!

#1 英語運用能力

よく記事では、「TOEIC〇〇〇点あれば大丈夫!」という書き方をしますが、特に航空業界のCA職などを目指す場合に重要となるのは、英語資格ではなく、英語運用能力です

英語資格はあるに越したことはありませんが、業務の大半は接客業なので、英語をアウトプットできなければ、いくらインプットができても仕事に活かす事はできませんよね。

学生のうちに留学やオンライン英会話にトライしていれば、良い準備になること間違いなし!

#2 ホスピタリティ

業務の大半は接客業です。

外資・日系を問わず、日本人スタッフには高いホスピタリティが求められます。

心からの接客と接遇に象徴されるホスピタリティの精神を持って業務にあたることが必要です。

また日系航空2社が高い品質評価を受ける背景には、たゆまぬホスピタリティの向上が見てとれます。

学生時代のアルバイトやサークルで培ったホスピタリティ精神が活きてくるかもしれません。

#3 基礎体力

盲点になりやすいのが、基礎体力です。

フライトによる時差の影響や肉体労働の多さは多くのCA職OBが指摘しています。

フライトの負荷だけでなく、サービス業務を常に100%のホスピタリティを持って行うことに体力が消費されるようです。

世界中を飛び回るCA職やパイロットに限らず、空港内スタッフにも乗員の荷物運搬や早急なトラブル対応で体力が求められます。

この点で体育会系に所属している学生は有利かもしれません。

(3)総合職としての働き方

CAやパイロットのイメージがどうしても強い航空会社ですが、コロナ・ショックによりそのイメージが変わる可能性もあります。

ここでは、総合職としての働き方を2つ紹介します!

自分の強みが活かせる職種を志望すれば、面接でも一貫性のあるストーリーを展開することができるはずです!

具体的な職種も合わせて確認しましょう!

#1 地上職事務系

地上職事務は一般企業のように企画や財務など多岐にわたる業務内容を担当する職種です。

空港内グランドスタッフもこの職種に属します。

一例として、以下にJALの地上職事務の業務内容を示します。

JAL地上職事務系の業務内容
  • 国際提携
  • マイレージ事業
  • 事業創造戦略
  • 商品企画
  • 経営企画
  • 財務・経理
  • 広報・宣伝
  • 人事・人財育成

こんなにもやりがいのありそうな職種が多くあるので、就活生はCAだけに限らず、幅広く業務内容をチェックしましょう

地上職事務系に内定を得たAさんのガクチカ紹介!

学生団体の代表として、教育制度を構築 ・○○の総合案内所における苦情対応 ・フィールドワークを学ぶゼミでの政策提言

詳しいESの書き方についてはこちらの記事をチェック!

エントリーシート(ES)とは?頻出質問3つと回答例を紹介

2021.04.11

#2 地上職技術系

こちらは理系学生にオススメの技術系の職種です!

事務系と同様にJALの技術系職種を紹介します!

JAL地上職技術系の業務内容
  • 路線収支管理
  • マーケティング分析
  • IT企画・システム刷新推進
  • 整備企画
  • 機材品質管理

大学・大学院での研究内容が活かせるかもしれません!

地上職技術系内定を得たBさんのガクチカ紹介

電磁界解析手法の提案を目標とした研究 ・エリア内で最も低かったコーヒー豆の売上向上に対する取り組み ・苦手としていたプレゼンテーション能力の向上

外資系航空会社に向いているか診断しよう

自分が外資系航空会社に向いているのか気になりますよね。

自己分析で大事なのは、”企業が求める能力と自分の能力が合っているかどうか”を判断することです。

自分にどんな強み・能力があるかを素早く正確に把握できるのが、スカウト型就活サービスを提供しているOfferboxのAnalyze U+という機能です。

Analyze U+は、自己分析の精度が高いのはもちろん、その結果に興味をもった企業からスカウトが届きます。

実際にプロフィールを80%以上入力した学生のオファー受信率は93.6%!
5分で登録できるので、今すぐ登録して自分の強みを把握するようにしましょう!

\無料で自己分析/

4. まとめ

この記事では外資系おすすめ航空と日系大手航空との比較、2021年度時点での採用状況を紹介しました!

航空業界を志望する学生・興味を持っている学生の助けになれば幸いです。

関連記事一覧