• HOME
  • ブログ
  • 就活
  • 【誰もが就活無理ゲーと感じている】そう感じてしまう理由と対処法3選

【誰もが就活無理ゲーと感じている】そう感じてしまう理由と対処法3選

「一次選考から先に進めない。何が原因なんだろう…?」
「また内定がもらえなかった…就活って無理ゲーじゃない?」

就活が上手くいっていないあなたは、このような絶望感を抱えているのではないでしょうか?

たしかに、就活を無理ゲーだと感じてしまう人は少なくありませんが、だからといって攻略が不可能なわけではありません。

むしろ、ここで諦めてしまうと、本当の意味での「無理ゲー」になってしまう恐れがあります。

そこで本記事では、就活を無理ゲーだと感じてしまう理由5選を紹介します。

記事の後半では、就活が無理だと感じてしまったときの対処法4選を紹介しているので、自分に合ったやり方を選んでくださいね。

なお、就活を無理ゲーだと感じてしまう理由の1つに、進め方がわからないことが挙げられます。

以下の記事では就活の全体像を解説しているので、これ読めば自分が何をすべきなのかが分かりますよ!

【就活の進め方がわからない】全体像を掴めばわかる!就活でやること6選

2021.05.03

1.誰もが「就活は無理ゲー…」と感じている

「就活は無理ゲー…」と感じてしまっている方の中には、「こうやって感じる自分のほうがおかしいのかも…」と自己嫌悪に陥る人がいます。

しかし、就活を無理ゲーだと感じている人は、何もあなただけではありません。

たとえば、株式会社リブセンスとHR総研が共同で行った調査によると、就活に対して不安を抱えている人は全体の71%にのぼります。

引用:HR総研『2021年卒学生の就職意識調査結果報告』

無理ゲーという言葉は、「不安」や「困難」といった負の感情の表れですから、「就活生の71%は就活を無理ゲーと感じている」といっても差し支えはないでしょう。

また、マーケター向け学生情報サイトStudents labの調査によると、就活しない人を肯定的に捉えている学生は54%にのぼります。

引用:Students lab『「就活しない人」に肯定的な学生が半数も。実際に就職活動以外の道を選ぶ人は31%』

仮に、就活を諦めてしまうことに対する同情心がなければ、ここまで肯定的な意見は寄せられなかったでしょう。

だからこそ、「自分はおかしいんだ…」と塞ぎ込む必要はありません。

むしろ、「真剣に就活に向き合っている証拠なんだ」と前向きに捉え、自分が抱えている課題や対処法を模索しましょう!

2.就活が無理ゲーだと感じてしまう理由4選

就活が無理ゲーだと感じている学生の多くは、言語化しにくいモヤモヤとした悩みを抱えています。

これを解消するためには実際に行動を起こすほかないのですが、人は得てして「悩んでいること自体に悩む」という負のスパイラルに陥りがちです。

というのも、人は物事に悩んでいる間、行動を起こさずに済むからですね。

しかも、行動を起こさない間は物事に失敗することもなくなるのですから、特に完璧主義な人ほど悩むことに依存してしまうわけです。

しかし、就活から逃げ続けた先にあるものもまた、「失敗」にほかなりません。

就活が無理ゲーだと感じてしまう理由は主に以下の5つにわけられるので、これを自身に照らし合わせながら、自分の悩みの正体を探っていきましょう。

(1)内定がもらえない

内定がもらえないことは、就活における最も大きなストレス要因だといえるでしょう。

大手就活サイトであるリクナビの調査によると、就活のストレスや不安の原因に「内定がもらえないこと」を挙げた人は44.1%にのぼります。

引用:リクナビ『【プロに聞く】就活の不安・ストレス解消法』

また、サポーターズが行った『就活実態調査2019』では、「就活前に不安だったこと」に「就活できるかどうか」を挙げている人は60.4%にのぼります。

引用:サポーターズ『就活実態調査2019』

こういったストレスや不安感が「無理ゲー」という閉塞感に繋がってしまうわけですね。

(2)どの業界や企業を志望すればいいのかわからない

学生の中には、志望する業界や企業が定まっていないにも関わらず、就活を始めてしまう人がいます。

「早く就職先を決めなくちゃ…」と気持ちがはやるのは、無理もないでしょう。

しかし、志望先を定めずに就活することは、ゴールを決めずにマラソンをしているようなものです。

仮に、この状態で内定を獲得しても充足感は得られず、あとになって「この会社に就職して良かったのだろうか…?」と悩み続けることになります。

就活におけるゴールとは、あなたが理想とする企業で働くことなのですから、まず「自分の理想とは何か」を明らかにしましょう。

(3)自分と周囲を比較してしまう

就活において、情報収集は非常に重要です。

しかし、SNSを使って情報収集している方の中には、周囲の成功体験と自分の現状を比較してしまう方もいるのではないでしょうか。

もちろん、周り人の活動からモチベーションをもらうことは重要ですが、だからといって比較しすぎも良くありません。

TwitterやFacebookを見るたびに自己嫌悪に陥ってしまう方は、この機会にSNS断ちを検討してみましょう。

(4)親からのプレッシャーが大きい

就活生の中には、「中小企業ではなく大手に入りなさい」「なるべく地元から通える距離にしなさい」と、親からプレッシャーを掛けられている方がいるのではないでしょうか。

もちろん、あなたのことを心配しているからこそ出た言葉なのでしょうが、こういった意見に縛られすぎる必要はありません。

あなたのキャリアを決めるのは、ほかでもないあなた自身だからです。

同様に、親の意見は絶対的なものではないのですから、あくまで周囲からの一意見として捉えるようにしましょう。

3.就活が無理だと感じたときの対処法4選

就活が無理だと感じたときの対処法は、以下の4つです。

これは就活に限らずいえることですが、人が何か困難に直面したときは1度ハードルを下げることが重要です。

というのも、人の原動力は達成感にあるからですね。

それを踏まえたうえで、これらの対処法をチェックしていきましょう。

(1)とりあえず1社から内定をもらう

前述のとおり、人の原動力は達成感によって生まれます。

そして、就活での達成感を得る方法として、最も簡単なのがとりあえず1社から内定をもらうことです。

この場合、内定をもらう企業は志望先から外れていても問題ありません。

あくまで目的は、達成感とともに「万が一、ほかの選考にすべて落ちても、最低限の就職先は決まっている」と安心感を得ることにあるからです。

これは俗に「滑り止め企業」と呼ばれているもので、就活に前向きに取り組むための手段として使われています。

ちなみに、就活生の中には「でも内定をもらったらすぐに承諾しないといけないんじゃないの?」と思い込んでいる方がいますが、実は内定は保留することが可能です。

具体的な方法や期間については以下の記事で紹介しているので、これを参考に滑り止め企業を作ってみましょう。

【内定の保留期間ってどのくらい?】保留期間を伸ばす方法とトラブルの対処法について紹介

2021.05.04

また、内定を辞退したい場合は、以下の記事を参考にしてくださいね。

内定辞退の連絡はメールのみでOK?メールの書き方と伝え方のポイント

2021.05.07

(2)就活の軸を見直す

就活の軸とは、簡単にいってしまえば企業や仕事を選ぶ際の基準のことです

主に「本音の軸」と「就活の軸」の2つに分かれていますが、ここで重要となるのは前者のほうです。

本音の軸の具体例としては、以下のものが挙げられます。

本音の軸の具体例
  • 年間休日◯◯◯日以上
  • 残業◯◯時間以下
  • 福利厚生が充実している
  • 成長環境が整っている
  • 経営が安定している
  • 社内の雰囲気が良い
  • 勤務地が自宅から近い
  • 有名企業で働きたい
  • なるべく転勤したくない

上記のとおり、「本音の軸」は就活生の願望や欲求をストレートに表しており、きちんと見直すことによって就活や仕事へのモチベーションを上げられます。

逆にいうと「就活は無理ゲー…」と感じている人は、本音の軸が曖昧になってしまっている可能性があるので、自分が一番優先していることは何かを探っていきましょう。

ちなみに、この就活の軸は自己アピールとして活用することも可能です。

以下の記事では具体的な設定方法や注意点を解説しているので、「どうやって自己アピールすれば良いのか分からない…」という方は参考にしてくださいね。

もうESや面接で迷わない!就活の軸の一覧・決め方・答える時の注意点

2021.05.01

(3)就活エージェントに相談する

就活エージェントとは、プロのキャリアコンサルタントが就活をサポートするサービスのこと。

株式会社DYMが行った調査によると、就活エージェントに登録していない学生はわずか2%で、就活生なら利用するのが当たり前なサービスとなっています。

引用:株式会社DYM『就職活動に関する調査』

その魅力は、なんといっても利用料が無料であること、非公開求人に応募できることでしょう。

就活エージェントの多くは企業から報酬を得ているため、学生側が金銭的な負担をすることはありません。

また、非公開求人は公開求人よりも人目につきにくいため、少ない倍率で選考に臨めます。

ちなみに、就活エージェントは企業選びのツールと捉えている方が多いですが、実はESの添削や面接対策なども行ってくれます。

以下の記事では、おすすめの就活エージェントを目的別に紹介しているので、「自分の苦手を克服したい!」という方はぜひ参考にしてくださいね。

【就職が決まらない】すぐ実践できる対処法とおすすめ就活エージェント3選

2021.05.05

(4)就活を先延ばしにする

「どうしても就活が無理…」と感じてしまっている方は、思い切って就活を先延ばしにするのも手です。

具体的な方法としては、以下の5つが挙げられます。

就活を先延ばしにする方法
  • 進学する
  • 海外留学する
  • 留年する
  • フリーランスになる
  • 起業する

このうち、特におすすめなのは進学と海外留学です。

一般的に、就活は先延ばしにすると「空白期間は何をしていたのですか?」と採用担当者に問われることが多くなります。

しかし、「進学をしていた」「海外留学をしていた」と答えれば、就活しなかったことに正当性が生まれるわけですね。

また、志望する業界や自分の専門によっては、自分の強みがさらに強化されるのもポイントです。

そのほかの方法のメリット・デメリットについては以下の記事で解説しているので、就活を中断する前に目を通してみてくださいね。

【もう就活したくない…】具体的な対処法やおすすめ就職サービス

2021.05.01

内定につながる自己分析ならAnalyze U+

自己分析に時間をかけすぎていませんか?

自己分析で大事なのは、”企業が求める能力と自分の能力が合っているかどうか”を判断することです。

自分にどんな強み・能力があるかを素早く正確に把握できるのが、スカウト型就活サービスを提供しているOfferboxのAnalyze U+という機能です。

Analyze U+は、自己分析の精度が高いのはもちろん、その結果に興味をもった企業からスカウトが届きます。

実際にプロフィールを80%以上入力した学生のオファー受信率は93.6%!
5分で登録できるので、今すぐ登録して自分の強みを把握するようにしましょう!

\無料で自己分析/

4.まとめ

この記事では、以下の内容について解説しました。

まとめ
  • 誰もが「就活は無理ゲー…」と感じている
  • 就活が無理ゲーだと感じてしまう理由
  • 就活が無理だと感じたときの対処法

就活を無理ゲーだと感じてしまっている人の多くは、「悩んでいること自体に悩む」という負のスパイラルに陥っています。

しかし、悩むだけでは事態は一向に改善されません。

そのため、時には思考を止めて行動を起こすことも重要です。

また、就活が上手くいかない方は目標を高く立てすぎている可能性もあるので、今回紹介した内容を参考にハードルを1度下げてみてくださいね。

なお、ほかにも就活に関する悩みを抱えている方は、以下の記事を読んでみてくださいね。

就活の悩みは誰に相談するべき?おすすめの就活相談サイトやよくある質問5選

2021.04.28

関連記事一覧