Fラン大学の学生はどこに就職するの?おすすめの就職先も紹介!

「Fラン大学はどのような就職先があるの?」
「学歴でアピールできない就活生におすすめの業界は?」

このように悩んでいる就活生も多いのではないでしょうか?

偏差値が低いことで、Fラン大学と称されてしまう大学は多くあり、こうした大学は就職活動の際も不利益を得てしまう場合が多いです。

しかし、就活について勉強し、自己分析をしっかりと行うことができれば同期にうらやましがられるような企業に就職することも可能です。

この記事では、Fラン大学生の一般的な就職先やこれからの時代におすすめの業界を解説します。

1.Fラン大学の就職先一覧

この章ではFラン大学の卒業後の就職先で一般的な業界を紹介していきます。

かつては、有名・大手企業は難関国公立や早慶といった有名私立大学が多く志望し、学歴でアピールできない学生は書類審査で落とされることも多くありました。

しかし、そのような高学歴の学生がベンチャー企業へと就職する傾向が表れ始め、大手企業は高学歴の学生のみならず採用の幅を広げています。

そのため、Fラン大学だからといって就職先を絞った状態で業界研究を行うのは非常にもったいないです。

まずは、幅広く様々な業界について学習し自分に合った業界・企業を見つけられるようにしましょう。

この章では、Fラン大学の一般的な就職先について以下の業界を紹介していきます。

各業界の特徴を捉えることで、なぜその業界が一般的な就職先として挙げられるのかが見えてきます。

Fラン大学生の一般的な就職先
  • 小売り
  • 飲食
  • 公務員
  • 銀行
  • 運輸
  • その他

順に紹介していきます。

(1)小売り

Fラン大学の就職先として小売り業界があげられます。

小売業界は主にスーパーや百貨店など卸売業者から購入した商品を消費者に販売する業界です。

スーパーのように総合的に多くの商品を販売する場合もあれば、薬や衣服を専門的に販売する場合もあり企業によってその特徴は大きく異なるでしょう。

一般的に、小売業界はキャリアアップが望めない、給与が低いことから人気が少なく人手不足の傾向にあるので、就職が行いやすいです。

以下はFラン大学生でも就職しやすい企業です。

Fラン大学生でも就職しやすい企業。
  • 原信:北陸地域を中心にスーパーNARUSを展開
  • ノジマ:関東・中部でデジタル家電専門店ノジマを展開

今後は、Amazon・楽天市場などのECの拡大やAIによって採用人数が減少されるなど、どのような就活市場になるかは見えにくいです。

(2)飲食業界

Fラン大学の就職先として飲食業界があげられます。

バイト先であった飲食店からそのまま正社員になることが多いことや、仕事がキツいことから人気が少なく就職しやすいことから、多くの学生が飲食業界に就職を行います。

また、自身の夢を達成するために一時的に飲食業界へ就職を行っている学生も少なくはないでしょう。

多くの人と関わることができる点や、将来的に独立して自分の店を構えるための勉強ができる点が飲食業界の主なやりがいということができます。

以下はFラン大学生でも就職しやすい企業です。

Fラン大学生でも就職しやすい企業。

今後は、フードデリバリーサービスが拡大されているように、人々のライフスタイルに合うように新たな飲食サービスの展開が起こることが予想されます。

(3)公務員

Fラン大学の就職先として公務員があげられます。

公務員になるためには、学歴は全く関係なく公務員試験に受かる必要があるのみなので本人の努力次第では就職が可能です。

公務員は給与・福利厚生が安定しており社会的な信用も得られることから就職先としてのメリットは非常に大きいでしょう。

社会人となった後に転職して公務員となることも可能で、その際は筆記試験のウェイトは少なくなるという特徴もあります。

しかし、公務員試験の準備にかかる時間は一般的に1000時間以上といわれており、毎日3時間勉強したとしても1年近い勉強が必要です。

膨大な準備期間を要したにも関わらず公務員になることができない可能性があるのはリスクが高いということができます。

(4)銀行

Fラン大学の就職先として銀行があげられますが、三井住友銀行や三菱東京UFJ銀行といったメガバンクではなく地方銀行や信用金庫が就職先として一般的です。

地方銀行はその土地とのつながりを非常に重要視していることから、その土地とつながりのあるの学生を優遇する傾向があります。

また、採用人数が多い割に地方では銀行を志望する学生が多くはないため、就職がしやすい事があげられます。

地方都市では、地方銀行は特に優良企業とされており、また年収も平均かそれ以上であることが多いことが特徴です。

以下はFラン大学生でも就職しやすい企業です。

Fラン大学生でも就職しやすい企業。
  • 北都銀行:秋田県を中心にサービスを展開する地方銀行
  • 沖縄銀行:沖縄県を中心にサービスを展開する地方銀行

しかし、地域の人口と企業が減少傾向にあるため、銀行の本業である貸金が行えず、経営の危機に立たされている銀行が多いことも忘れてはいけません。

2019年3月決算で全国106行中27行が5期連続の赤字であるなど、将来性が高くない業界ということができます。

銀行員の仕事内容や平均的な年収について詳しく知りたいという方は以下の記事をご覧ください。

【銀行員の平均年収ランキング!】銀行員の役職や職種について解説

2021.04.05

(5)運輸

Fラン大学の就職先として運輸業界があげられれます。

運輸業は陸海空問わず、モノや人を運ぶ業界でネット通販の成長や海外からの観光客の増加によって成長段階にある業界です。

運輸業界は慢性的に人手不足の傾向でしたが、近年は業界への需要が伸びていることからさらに人手不足になっている現状があります。

インフラを担う鉄道会社や海運・空運を担う大手物流企業は全体的に年収が高い傾向がありますが、運送業界のドライバーは年収が低い傾向にあります。

以下はFラン大学生でも就職しやすい企業になります。

Fラン大学生でも就職できる企業

今後もネット通販やフードデリバリーの展開が進んでいくことから、運輸業界の需要も高まり就職が行いやすい業界といえます。

(6)その他

その他にFラン大学生の就職先として以下があげられます。

Fラン大学生のその他の就職先
  • 建築・建設
  • 医療・介護
  • 水商売
  • 就活浪人・ニート

人手不足の業界としては、建設・建築業界や医療・介護福祉業界等があげられますがどちらも専門的な知識が必要であることから、容易に就職を行うことはできません。

また、バイトの延長等から水商売や夜職に就く学生も一定数いますが全体としては多くはないのが現状です。

最後にニートや就活浪人として卒業後の人生を歩んでいる学生も少なくないですが実態は不明です。

Fラン大学の就職率は、キャリア支援施設に相談に来た学生から回答をとるなどして、高い就職率を生み出しているため実際にはどれほど就活浪人・ニートの学生がいるのかは分からないためです。

Fラン大学では高い就職率を広告に掲げ、大学入学者数を増やそうとしていますが、実際は広告ほど就職率が良いわけではないので、個々人が努力して就活を行なう必要があります。

2.Fラン大学生はIT業界がおすすめ

これまではFラン大学の一般的な就職先として5つの業種を紹介しました。

小売り・飲食・運輸業界は人手不足が原因で就職が行いやすいですが、こうした業界は給料が低いことや仕事が極端にきついことから人気がない職業である場合が多いです。

しかし、人手不足でも給料が良く、専門的な知識も必要なく、様々なキャリアアップも望める業界があり、それがIT業界になります。

IT業界といってもさらに多数の業界に分割されますが、マイクロソフト・日本オラクルを代表とするソフトウェア業界やWeb制作業界がおすすめです。

この章ではFラン大学生がIT業界に就職するべき以下の4つ理由を紹介していきます。

Fラン大学生にIT業界がオススメのつの理由
  • 人材不足であること
  • スキルが身につくこと
  • 給料が高い
  • 様々な進路が選べる

順に紹介します。

IT業界の基本的な仕事内容や平均年収については以下の記事で説明していますのでぜひご覧ください。

【ITの仕事内容や職種とは】就活生におすすめの企業と年収も紹介

2021.04.07

(1)人材不足であること

IT業界がオススメである理由の1つに人材不足であることが挙げられます。

2020年に厚生労働省が発表した、有効求人倍数が高い業界、つまり人手不足となっている業界は飲食・運輸・介護・建築・ITの5つが特にあげられ、これらの業界では就職が比較的楽に行なうことができます。

中でも、介護・建築業界は専門的な知識が必要であるため、容易に就職をおこなうことはできませんが、IT業界では後に説明するように、就活の際に専門的な知識を有している必要はありません。

IT業界は、近年の需要の高まりから急速に業界が成長していますが、そのスピードに人材育成・確保が追いついておらず人材不足の状態となっています。

今後も、IT需要は高まることが予想されるため、当分の間は学歴に関係なく就職・転職がしやすい状況が続きます。

(2)スキルが身につくこと

IT業界がオススメである理由の2つめにスキルが身につくことが挙げられます。

先述したように、IT業界では人で不足の状況が続いているため、専門的な知識を持っている人を雇う余裕はなく、IT業界志望の学生を教育して専門的人材に育て上げる形式が一般的になっています。

そのため、たとえIT業界未経験で専門的な知識がなかったとしても、就職をするとお給料をもらいながら勉強をしスキルを身に付けることができます。

また、国をあげてIT人材の育成に力を入れているため、外部でのセミナーが多く開催され、本人のやる気によって大きく成長できる業界でもあります。

特に、学歴でアピールすることが困難な学生は、社会人になってからどのようなスキル・経歴を持てるかが重要となってきますが、需要の高いIT系のスキルを身に付けることは大きな武器となります。

#1:Fラン大学でも取得できるITスキル・資格

Fラン大学生でも取得できるITスキル資格は以下の通りです。

Fラン大学生でも取得できるITスキル資格
  • ITパスポート
  • 基本情報技術者
  • 応用情報技術者
  • オラクルマスター
  • MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)

IT知識・スキルを証明する資格は多数ありますが、その多くは難易度が高く、特にエンジニアやマネージャーとしての資格は取得が困難です。

しかし、ITパスポートや基本・応用情報技術者の資格はIT知識全般に関わるスキルの証明になり、難易度も低く設定されているので取得しやすいです。

また、ベンダー資格としてはオラクルマスターはデータベースに関する能力を証明する資格で、

MOSも同様にベンダー資格で、あらゆるビジネスシーンで使用されるMicrosoft Office ソフトの操作技能を証明します。

(3)給料が高い

IT業界がオススメである事の理由はお給料が高い事です。

企業によって大きく異なりますが、IT業界の平均年収は約600万円程度といわれ日本全体の平均年収である436万円を大きく超えています。

地方公務員や地方銀行の平均年収も600万円程で高額ですが、就職時に一定の能力が求められるため、IT業界よりも就職が困難です。

しかし、IT業界は職種やスキルによっても年収に大きな差がついてしまう事を忘れてはいけません。

例えば、エンジニアであれば扱える言語によって需要が変化し給料に大きな差が出ることも少なくありません。

最も需要の高いGo言語を使用できるエンジニアは一般的に600万円の年収を得られますが、C言語を扱えるエンジニアの年収は525万円に留まるというデータも発表されています。

スキルを身に付ければ、他の業界より高い給料を得る事は容易である事も大きな特徴の1つです。

(4)様々な進路が選べる

IT業界がオススメである4つめの理由は様々な進路が選べる点です。

1つめの理由でも話したとおりIT業界は人材不足であるため、ITスキルを身に付けていると転職や独立がしやすいです。

IT業界内での他の職種を目指したり、独立して企業を行ないやすいため、1企業に固執しなくてもより良い環境で仕事を行なうという判断ができるようになります。

また、ITスキルを持ち合わせていることは、他業界に転職する際にも優位に働くので、大きなメリットとなります。

今後は終身雇用の企業体制が崩れ、個人がより流動的に仕事を行なうようになると予想されている中で、IT業界に就職を行なっていたという経歴は大きな強みになる事は間違いないです。

(5)IT業界で学歴が重視されにくい企業

これまではIT業界がオススメである理由を紹介しましたが、この章ではIT業界で学歴があまり重視されない企業を紹介します。

IT業界の大手は富士通やNTTがあげられますが、このような大手の企業は一般的にはMARCHや関関同立といった難関私大がボーダーとされています。

しかし、日東駒専や産近甲龍などの中堅私大からも就職実績があるため、充分に志望することができます。

大手企業で、さらに学歴が重視されにくいIT企業は以下の通りです。

上記の企業は新卒の場合、未経験でも入社可能であるため、文系の就活生でIT知識がなくても志望をすることが可能です。

しかし、当然のことながら選考対策を怠れば、入社はできません。

以下の記事では文系の就活生のためのIT業界に関する解説を行なっているのでぜひご覧ください。

IT業界は文系が不利って本当?その理由や入社できる人の特徴を解説!

2021.04.07

就活生の3人に1人が利用している就活サービス!Offerbox




Offerboxと言う就活サービスをご存知ですか?
実は就活生の3人に1人が利用するメガサービスなんです!

特徴は企業側からオファーが来ることです!企業はオファーを限られた人数の学生にしか送れないので、オファーが届いた時点で、企業が注目しているということになります。

就活でオファーをもらうのはもはや当たり前!今すぐOfferboxで就活をスムーズに進めよう!

\就活生の3人に1人が利用/

3.まとめ

この記事では、Fラン大学生の一般的な就職先とIT業界をオススメする理由を紹介しました。

Fラン大学の学生は、就活の際に学歴をアピールすることはできないため、しっかりとした自己分析・業界分析を行なう必要があります。

以下の記事では、自己分析を行なうための本や、効率的に自己分析を行なう事ためのポイントを紹介しています。

Career Delight はその他にも多くの就活生のための記事を掲載しているので、ぜひ読んでみてください!

【厳選】自己分析本3冊と自己分析を行うための本の選び方も紹介

2021.04.18

関連記事一覧