• HOME
  • ブログ
  • 就活
  • 【就活での学歴差別は存在する!】その理由と学歴差別を克服する方法4選

【就活での学歴差別は存在する!】その理由と学歴差別を克服する方法4選

「学歴差別って本当に存在するのかな?」
「本当に存在するなら、差別なのにどうして許されているの?」

結論から述べると、学歴差別は多くの業界で浸透しています。

というのも、学歴差別は本来の意味での「差別」を表す言葉ではなく、企業がより良く存続するための必要悪だからです。

そこで本記事では、学歴差別の意味について解説します。

記事の後半では学歴差別が浸透している理由や業界、克服するための方法4選を紹介しているので、これを読めば学歴に対する疑問や悩みが解消されますよ!

なお、「自分の学歴にどうしても自信が持てない…」という方は、以下の記事を参考に学歴フィルターの少ない業界を探してみてはいかがでしょうか。

学歴フィルターはどこから?学歴の差を超えて内定を勝ち取る方法を解説!

2021.05.03

1.就活における学歴差別とは?学歴フィルターとほぼ同じ意味

学歴差別という言葉を聞くと、「〇〇大学の分際で〜」や「〇〇大学だからしょうがない」といった、本来の意味での差別を思い浮かべる方が多いでしょう。

しかし、こういった学歴差別は、就活での場ではあまり発生しません。

SNSが普及している現代でこんなことをしてしまえば、企業への悪い噂があっという間に広がってしまうからですね。

実際に、株式会社トモノカイがおこなった調査によると、学歴差別を受けた場として「就活」を挙げている大学生はわずか7.4%しかいませんでした。

引用:t-news『「〇〇大学のくせに~」現役大学生が経験した学歴差別を調査してみた』

では、学歴差別とは何なのかというと、それは学歴フィルターのことを指す場合がほとんどでしょう。

学歴フィルターとは、簡単にいってしまえば出身大学を理由に学生を足切りすることですね。

そのため、学歴差別を理解するためには、学歴フィルターの実態について知る必要があります。

(1)学歴フィルターを感じた学生の割合は46%

引用:日本労働組合総連合会『就職差別に関する調査2019』

日本労働組合総連合会が行った調査によると、就活を通して学歴フィルターを感じた大学生・院生の割合は全体で46.4%にのぼります。

単純計算で、学生の2人に1人が学歴フィルターを感じていることになりますね。

就活生の中には、まれに学歴フィルターの存在を否定したがる方がいますが、仮に実態が伴わなければここまで高い数値にはならないはずです。

(2)ターゲット校を設定している企業は全体で39%

引用:HR総研『「学歴フィルター」をせざるを得ない採用の実情』

HR総研が行った調査によると、ターゲット大学を設定している企業の割合は、全体で39%にのぼります。

このうち、大規模企業の割合が56%と高いのはともかく、注目すべきは小規模企業の割合です。

なんと、300名以下の企業でも4社に1社は学歴フィルターを導入しており、「学歴フィルターは大企業や有名企業にしか存在しない」という意見を覆すものとなっています。

(3)大企業の採用実績校は高学歴大学に集中

大手ビジネスメディアであるダイヤモンドオンラインが作成したランキングによると、大企業の採用実績校は高学歴大学に集中しています。

ここでは、実際に紹介されている企業の中からいくつか抜粋してみましょう。

企業名採用実績校(カッコ内は2020年に採用された人数)
伊藤忠商事慶應義塾大学(25)
早稲田大学(20)
東京大学(12)
京都大学(8)
一橋大学(7)
三菱UFJ銀行早稲田大学(83)
慶應義塾大学(73)
同志社大学(37)
関西学院大学(35)
南山大学(32)
トヨタ自動車名古屋大学(41)
京都大学(31)
東京大学(30)
早稲田大学(29)
大阪大学(28)
ソニー慶應義塾大学(49)
早稲田大学(46)
東京大学(33)
東京理科大学(25)
大阪大学(19)
NTTドコモ早稲田大学(28)
慶應義塾大学(17)
明治大学(17)
同志社大学(16)
横浜国立大学(15)
全日本航空(ANA)慶應義塾大学(37)
青山学院大学(36)
関西外国語大学(35)
関西学院大学(35)
早稲田大学(29)
武田薬品工業大阪大学(5)
筑波大学(5)
九州大学(4)
京都大学(4)
大阪府立大学(2)
ニトリ早稲田大学(40)
立命館大学(36)
北海道大学(30)
関西大学(27)
中央大学(27)
アクセンチュア慶應義塾大学(76)
早稲田大学(66)
東京大学(41)
京都大学(29)
上智大学(28)

引用:ダイヤモンドオンライン『人気41企業別「採用大学」ランキング!大手総合商社4社でオール1位となったのは?』

上記のとおり、有名企業に就職している学生の多くは、高学歴大学の出身者で固まっています。

そして、この傾向は何も有名企業に限った話ではありません。

実際に前述のHR総研が行った調査によると、規模が大きい企業ほど高学歴大学が、規模が小さい企業ほど低学歴大学が内定していることが分かります。

引用:HR総研『第65回 内定先企業の従業員規模では、依然として残る大学格差』

こういった大学格差が、結果として就活生の被害者感情に繋がっているのだといえるでしょう。

2.就活で学歴差別が浸透している理由

就活の場で学歴差別が浸透している理由は、以下の3つが考えられます。

学歴差別が浸透している理由
  • すべての学生を評価するほどの余裕がないから
  • 優秀な学生を確保したいから
  • 地元の学生を対象とした採用施策を行ないたいから

出身大学だけを参考に人の評価を下すのは、決して好ましいことではありません。

いわゆるFラン大学にも優秀な学生は在籍していますし、逆に東大にも無能な学生はいくらでもいるからです。

だからこそ、学歴差別は浅はかな採用基準でしかないのですが、一方で企業側には「すべての学生を評価しきれない」という実情があります。

また、採用資金が限られている地方企業や中小企業では、大々的な採用広告を打ち出せません。

そのため、特定の大学をターゲットとした絞り込み戦略を行わざるを得ないわけです。

このことから分かるとおり、学歴差別とはある種の必要悪なのだといえるでしょう。

3.学歴差別が少ない業界の共通点は「人材不足」

では、どういった業界なら学歴差別が少ないかというと、それは慢性的な人出不足に陥っているところでしょう。

具体的には、以下の業界が挙げられます。

人手不足に陥りやすい業界
  • IT業界
  • 建設業界
  • 運送業界
  • 製造業界
  • 介護業界
  • 小売業界
  • サービス業界

これらの業界は、就活生からの人気が高いとはいえず、定員割れを起こすことも珍しくありません。

つまり、学歴フィルターを設けて就活生を足切りする余裕がないということですね。

しかもここで紹介した業界のうち、IT業界と製造業界は平均年収が高く、教育制度や福利厚生も充実している傾向にあります。

そのため、学歴差別に悩む方にとっては、非常に狙い目だといえるでしょう。

具体的な企業については以下の記事で解説しているので、「学歴に自信はないけど、良い会社に就職したい…」という方はぜひ参考にしてくださいね。

【中堅私大の採用実績あり】売上が多い大手IT企業ランキングベスト5

2021.05.03

メーカーに就職するなら必ず知っておきたい隠れ優良企業20選【探し方も解説】

2021.04.25

4.学歴差別から逃れられるボーダーラインは「MARCH」と「関関同立」

『大手企業に就職している学生も有名大学に集中』でも紹介したとおり、有名企業への採用実績がある大学は、MARCHと関関同立以上に集中しています。

とはいえ、MARCHや関関同立の出身者が学歴差別に悩まされていないとはいえません。

実際に、HR総研が2018卒の就活生に対して行った調査によると、旧帝大や早慶クラスでさえ半数以上は学歴フィルターを実感しています。

引用:HR総研『「学歴フィルター」をせざるを得ない採用の実情』

つまり、東大や京大クラスでもない限り、学歴差別の呪縛から逃れることはできないということですね。

そのため、「低学歴だから差別されるんだ…」という考えは精神衛生上、捨てたが良いといえるでしょう。

5.学歴差別を克服する方法4選

学歴差別を克服する方法は以下の4つが挙げられます。

学歴差別を克服するためには、学歴以上の強みを身につけるか、実際に高学歴になるかのどちらかしかありません。

後者のほうが難易度が高い分インパクトも強いので、自分の学歴にコンプレックスを抱いている方はぜひ挑戦してみてくださいね。

(1)ITスキルや語学を身につける

ITスキルや語学は専門的知識と捉えられることが多いですが、実は一般的な企業でも重視しているところが多いです。

というのも、現代においてITを導入していない企業はほとんど存在していないからですね。

また、日本は少子高齢化とそれに伴う人口減少に見舞われており、国内だけでのビジネスに限界が生じています。

だからこそ、海外での業績を伸ばすことが求められているのですが、そのためにはグローバルな人材が必要です。

実際に、日本でTOEICを行っている国際ビジネスコミュニケーション協会によると、「英語を新卒採用の参考にしている」と回答した企業は44.9%にのぼります。

引用:国際ビジネスコミュニケーション協会『TOEIC Programを活用している企業・団体における英語教育、英語活用の実態調査』

このことからも分かるとおり、ITスキルと語学力は就活生にとって必須なものとなりつつあります。

「そういわれても、何を勉強すればいいのかわからない…」という方は、以下の記事を参考にしてください。

就活に英語は必要?英語を重視する業界一覧とおすすめ英会話サービス3選

2021.04.30

ITパスポートは就職に役立つ!具体的な勉強時間や難易度を解説

2021.05.02

(2)長期インターンに参加する

長期インターンとは、1〜3ヶ月以上に渡って参加し続けるインターンシップのこと。

一般的には職業体験をするためのものだと捉えられがちですが、実はこれに参加することによって今後の選考が有利に進む可能性があります。

というのも、「インターンシップ参加者は、一般応募者よりも熱意や志望度が高い傾向にある」と企業側が認知しているからですね。

実際に、「早期選考に進めた」という人は39.5%、「採用選考の一部が免除になった」という人は31.8%に上りました。

引用:新卒採用サポネット『2020年卒マイナビ大学生内定者意識調査』

また同資料によると、またインターンシップに参加した学生は、そうでない学生よりも内々定率が高まると明らかにされています。

引用:新卒採用サポネット『2020年卒マイナビ大学生内定者意識調査』

インターンへの参加経験は学歴をも覆す強力な武器なので、以下の記事を参考に挑戦してみてはいかがでしょうか。

【参加必須】インターン探し方ガイド!就活初心者におすすめのサイト6選

2021.04.26

(3)有名大学に編入する

学生でさえも忘れていることが多いですが、実は大学にも編入学制度が設けられています。

なぜこれが学歴差別の克服に有効かというと、それは最終学歴を編入後の大学へと上書きできるからですね。

つまり、最初はFラン大学に入学しても、その後東大に編入すれば最終学歴は「東京大学」ということになるのです。

ただし、大学編入は以下の理由から難易度が非常に高いとされています。

大学編入が難しい理由
  • 高い英語力が求められるから
  • 編入先に応じて専門科目の学力を問われるから
  • 編入に関する試験情報が少ないから

独学で編入することは難しいため、基本的には『大学進学センター』などを頼ることになるでしょう。

ちなみに、具体的な編入学者数は大学入学情報図書館RENAのデータベースにまとめられているので、 興味がある方はチェックしてみてくださいね。

(4)有名大学院に進学する(学歴ロンダリング)

有名大学への編入と同じく、有効とされているのが有名大学院への進学です。

いわゆる学歴ロンダリングと呼ばれる方法で、最終学歴を進学先の有名大学院へと変えることができます。

こう聞くと、『その大学を卒業しているわけでもないのに、大学院に進学することなんてできるの?』と思われるかもしれませんが、これは十分可能です。

実際に、東京大学大学院の入学状況を例に見てみましょう。

研究科学部からの入学者数他大学からの入学者数
人文社会系68人51人
教育学33人53人
農学生命科学163人123人
工学系574人293人
理学系162人188人

引用:東京大学『大学院学生の入学状況 [令和元(2019)年]』

上記のとおりで、研究科によってはむしろ他大学からの入学者のほうが多いことさえあります。

しかも、大学院によっては有名であるにも関わらず定員割れしていることもあるので、興味がある方は先ほどの『大学進学センター』から資料を取り寄せてみてはいかがでしょうか。

学歴ロンダリングをしても大丈夫?難易度や失敗例について徹底解説!

2021.05.04

内定につながる自己分析ならAnalyze U+

自己分析に時間をかけすぎていませんか?

自己分析で大事なのは、”企業が求める能力と自分の能力が合っているかどうか”を判断することです。

自分にどんな強み・能力があるかを素早く正確に把握できるのが、スカウト型就活サービスを提供しているOfferboxのAnalyze U+という機能です。

Analyze U+は、自己分析の精度が高いのはもちろん、その結果に興味をもった企業からスカウトが届きます。

実際にプロフィールを80%以上入力した学生のオファー受信率は93.6%!
5分で登録できるので、今すぐ登録して自分の強みを把握するようにしましょう!

\無料で自己分析/

6.まとめ

この記事では以下の内容について解説しました。

まとめ
  • 就活における学歴差別とは
  • 就活で学歴差別が浸透している理由
  • 学歴差別が少ない業界の共通点は「人材不足」
  • 学歴差別から逃れられるボーダーラインは「MARCH」と「関関同立」
  • 学歴差別を克服する方法

ターゲット校を設定している企業の割合は全体で39%を占めており、300人以下の小さな企業でも26%に達しています。

そのため、「自分は中小企業を志望しているから、学歴フィルターは関係ない」という意見はほとんど通用しないといえるでしょう。

とはいえ、一方で学歴フィルターの存在をに固執しすぎることも問題です。

企業の多くは選考結果の理由を公表しないため、そもそも自分が学歴フィルターによって落とされたのか判断できないからですね。

場合によっては、自分の実力不足を理由に落とされている可能性もあるので、以下の記事を参考に自分のESや面接は完璧かどうか見直してみてはいかがでしょうか。

エントリーシート(ES)とは?頻出質問3つと回答例を紹介

2021.04.11

面接で聞かれることはたったの4パターン!頻出の質問と回答例8つ

2021.04.05

関連記事一覧