必要なのは目標意識と精神的な強さ!不動産業界に向いてる人の5つの特徴

「不動産業界に向いてるのって一体どんな人なのだろう?」
「逆に向いていないのはどんな人なのかな?」

不動産業界を志望しているあなたは、自分に適性があるのか分からず悩んでいるのではないでしょうか?

そこで本記事では、不動産業界に向いてる人と向いていない人の特徴をそれぞれ紹介します。

記事の後半では不動産業界に向いてる人が次に取るべき行動について解説しているので、これを読めば、あなたの就活のヒントが掴めますよ!

なお、業界との適性を知る際にやっておきたいことの1つに、自己分析が挙げられます。

以下の記事では、効率的が自己分析ができる「自己分析シート」を無料かつ登録不要で配布しているので、興味がある方はぜひチェックしてくださいね。

【4ステップで完了】自己分析シートで超効率的に自己分析を終わらせよう!

2020.03.13

1.不動産業界に向いてる人の5つの特徴

不動産業界に向いてる人の特徴は、以下の5つです。

このうち、特に重要なのは1つ目と2つ目の特徴でしょう。

不動産業界は「高年収が狙える」「学歴が問われにくい」など様々な魅力があります。

しかし、不動産業界はいわゆるブラック企業的な傾向が強く、決して働きやすい環境だとはいえません。

そのため、仕事を続けていくには、目標意識の高さや精神的な強さによってその厳しさに対抗する必要があるのです。

(1)明確な目標意識がある

不動産業界で働くためには、明確な目標意識が求められます。

前述のとおり、不動産業界はブラック企業的な傾向が強く、「自分の営業力を試したい!」「高年収になりたい!」といった目標意識がないと仕事が長続きしないからですね。

このブラック企業の指標の1つとして「離職率の高さ」が挙げられるのですが、実は厚生労働省が発表している『2019年(令和元年)雇用動向調査』によると、不動産業界の離職率は15.1%でした。

引用:厚生労働省『2019年(令和元年)雇用動向調査』

「宿泊業・飲食サービス業」の33.6%、「生活関連サービス業・娯楽業」の20.5%という数字の陰に隠れがちですが、決して不動産業界も低い数値ではありません。

また、大卒就職者の3年以内の離職率に関しては、なんと34.2%に達しています。

厚生労働省:『新規学卒就職者の離職状況』

こちらは平均である32.8%を上回っており、明確に「若者が辞めやすい仕事である」ということが分かります。

こういった不動産業界のブラック的な側面については以下の記事で解説しているので、「自分は耐えられるかな…?」と不安な方はチェックしてくださいね。

なぜ「不動産業界はやめとけ」といわれる?その理由と不動産業界の魅力

2021.03.09

(2)精神的にも肉体的にも強い

不動産業界では、精神的にも肉体的にも強いことが求められます。

というのも、不動産業界は残業が多く、休みたい時に休めないことがほとんどだからです。

実際に、パーソル総合研究所が行った調査によると、不動産業・物品賃貸業における「30時間以上の残業割合」は31.8%でした。

引用:パーソル総合研究所『業種・職種別残業実態マップ──どの業種が、どのくらい働いているのか』

一見すると、「残業の月平均は約21時間だし大したことないのでは?」と思われるかもしれませんが、実は同調査では不動産業界のサービス残業の長さも明らかにされています。

引用:パーソル総合研究所『業種・職種別残業実態マップ──どの業種が、どのくらい働いているのか』

このように、不動産業界での仕事は思っている以上に疲弊しやすいため、精神的にも肉体的にもタフであることが求められるのです。

(3)コミュニケーション能力が高い

不動産業界ではコミュニケーション能力が非常に重要です。

顧客はもちろんのこと、大家や管理会社の社員など様々な立場の人と関わるからです。

また、コミュニケーション能力は、契約数にも大きく関わります。

実際に、株式会社ホームズが不動産の売却経験者2,507人を対象に行なった調査によると、不動産会社選びの決め手として「担当者の対応」を挙げた人は29.7%にのぼります。

引用:株式会社ホームズ『「不動産会社選びの決め手」ランキング! 納得の売却につながる選び方のポイントは?』

そのため、不動産業界に就職したい方は、コミュニケーション能力の高さをアピールすると良いでしょう。

(4)新しい情報に敏感

不動産業界は、トレンドの移り変わりが非常に激しいです。

たとえば、コロナ禍の流行により、居住者が住宅に求めるニーズは絶えず変化し続けています。

実際に、株式会社オープンハウスの調査によると、コロナ禍の流行によって起きた気持ちの変化として、「住まいの設備や環境をより良くしようと思った」を挙げた人は76.5%にのぼります。

引用:株式会社オープンハウス『2020年 コロナ禍を受けたこれからの住まい意識・実態・ニーズ調査』

この他にも、「通勤・通学の時間をもったいないと思うようになった」という人は70.7%、「コロナの収束後も在宅時間を増やそうと思った」という人は68.2%でした。

このように、不動産業界ではトレンドの移り変わりが非常に激しいため、新しい情報に敏感であることが求められます。

(5)勉強が好き

不動産業界は、勉強好きな人が向いています。

というのも、不動産には様々な法律が関わってくるからです。

たとえば、不動産取引に関わる法律だけでも、主に以下の5つが挙げられます。

不動産取引に関わる主な法律
  • 不動産登記法
  • 宅地建物取引業法
  • 借地借家法
  • 建物の区分所有等に関する法律
  • 消費者契約法

また、不動産業界では宅地建物取引士(宅建)の資格が非常に重要視されています。

そういった意味でも、不動産業界は勉強好きな人が向いているといえるでしょう。

2.逆に向いていないのは安定志向が強い人

不動産業界に向いてる人の特徴は前述のとおりですが、逆に向いていないのは安定志向が強い人でしょう。

というのも、不動産業界は景気など外部からの影響を非常に受けやすいからですね。

この代表的な例が、昨今の新型コロナウイルスの流行です。

賃貸取引に関する開発事業を行うイタンジ株式会社の調査によると、不動産事業者の実に83%が「新型コロナウイルスによる業務への影響を感じている」と回答しています。

引用:イタンジ株式会社『不動産業界の83%が新型コロナの影響あり、テレワーク導入は42%』

また、クラスココンサルファームが行った調査によると、「前年(2019年)と比べて売上が減った」と回答した不動産会社は74.6%でした。

引用:クラスココンサルファーム

このように、不動産業界は外部からの影響を非常に受けやすいです。

そのため、「会社が倒産するかどうかの心配をあまりしたくない」「仕事量や内容に変化が多いと混乱する…」といった安定志向の強い方には向かない業界だといえるでしょう。

ちなみに、安定志向の方に向いてる業界としては、金融業界や商社が挙げられます。

以下の記事では、それぞれの業界の特徴や年収の高い企業ランキングを紹介しているので、「自分に合った業界ってどこなのだろう…?」と悩んでいる方は参考にしてくださいね。

【金融業界研究】金融業界のランキングを項目・職種別に紹介!

2020.04.18

【商社年収ランキングTOP7】総合商社・専門商社別に一挙公開

2020.05.31

3.不動産業界に向いてる人が次に取るべき行動

「不動産業界に向いてる人や向いていない人の特徴が分かった」
「自分は不動産業界に向いてるみたいだけど、次にどんな行動を取ったら良いのだろう?」

不動産業界に向いてると分かった人が次に取るべき行動は、以下の3つです。

このうち、特に重要なのは2つ目の『インターンシップ情報のチェック』です。

インターンシップは、自分の熱意を企業に証明するだけでなく、業界研究や企業分析の助けにもなります。

そのため、なるべく時間を見つけて参加するよう心がけましょう。

(1)まずは業界研究や企業分析を始めよう!

不動産業界に向いてると分かったら、まず業界研究や企業分析を始めましょう。

「不動産業界のことはよく知っている」「今更調べることはない」と考えていても、まだ抜け落ちている情報があるはずです。

たとえば、以下のことについてどれほど深く答えられるか、自分に質問してみましょう。

業界研究として調べること
  • 不動産業界の仕事内容とは何か?
  • 不動産業界にはどんな業種や職種があるのか?
  • 不動産業界の市場規模はどのくらいか?
  • 不動産業界の現在のトレンドは?
  • 不動産業界の今後の課題とは何か?
企業分析として調べること
  • その企業の強みとは何か?
  • その企業で求められているのはどういう人材か?
  • その企業が掲げている社会的使命は何か?
  • 不動産業界において、その業界はどのように位置づけられているか?
  • どういった企業と協力関係にあるのか?

こういった質問への解答を用意しておと、今後の選考が有利に進みやすくなります。

実際に、株式会社DYMが就活生を対象に行ったアンケートによると、就活の事前準備として最も有効な対策に「業界研究・企業分析」を挙げた人は24%にのぼります。

引用:株式会社DYM『インターンシップに関するアンケート』

このうち、業界研究の効率的なやり方については以下の記事で紹介しているので、「不動産業界に関する質問に全然答えられなかった…」という方はぜひチェックしてくださいね。

業界研究は本とOB訪問の合わせ技が重要!やり方を徹底解説

2020.04.12

(2)不動産業界のインターンシップ情報もチェック

選考をより有利に進めたい方は、業界研究や企業分析に平行しながら、不動産業界のインターンシップ情報をチェックしましょう。

一般的に、インターンシップは職業体験の一環として捉えられていますが、実は企業によっては参加後に早期選考に進めたり、採用選考の一部を免除されたりする可能性があります。

実際に、新卒採用サポネットの調査によると、インターンシップが役に立った理由として「早期選考に進めた」を挙げた人は39.5%、「採用選考の一部が免除になった」を挙げた人は31.8%でした。

引用:新卒採用サポネット『2020年卒マイナビ大学生内定者意識調査』

そのため、「絶対に就活に失敗したくない…」という方は極力参加するようにしましょう。

ちなみに、「インターンに参加したことなんてないし探し方も分からない…」という方は、以下の記事を参考にしてくださいね。

【参加必須】インターン探し方ガイド!就活初心者におすすめのサイト6選

2020.06.22

(3)宅建など資格の取得もおすすめ

就活において、資格の有無は非常に重要です。

株式会社リクルート「資格が選考に有利に働いた?」というテーマでアンケートを取ったところ、31.3%の学生が「有利に働いた」と回答しました。

では、不動産業界への就職で役立つ資格が何かといえば、宅建(宅地建物取引士)でしょう。

宅建とは、宅地建物取引業法によって定められた国家資格の1つで、主に建物の売買や貸借に関する取引をスムーズに行えることを証明します。

不動産業界では、この宅建が非常に重要視されているため、取得していると就活が有利に進みやすいのです。

ちなみに、不動産適正取引推進機構が発表する『令和元年度宅地建物取引士資格試験実施結果の概要【全国】』によると、合格者の職業別構成比のうち学生は11.4%でした。

全体の合格率は13〜18%と決して高くありませんが、難しいからこそ取得する価値のある資格だともいえるでしょう。

また、就活を有利にしてくれるものとしては、他にもTOEICが挙げられます。

以下の記事では、TOEICの重要性や格安の英会話学習サービスを紹介しているので、「就活の難易度を下げたい…」という方は参考にしてくださいね。

就活に英語は必要?英語を重視する業界一覧とおすすめ英会話サービス3選

2020.09.16

まとめ

この記事では以下の内容について解説しました。

まとめ
  • 不動産業界に向いてる人の5つの特徴
  • 逆に向いていないのは安定志向が強い人
  • 不動産業界に向いてる人が次に取るべき行動

不動産業界は、「高年収が狙える」「学歴が問われにくい」など様々な魅力があります。

しかし、いわゆるブラック企業も多いため、働き続けるためには目的意識や精神的な強さが求められます。

この記事を読んで「自分なら不動産業界でもやっていける!」と思った方は、『3.不動産業界に向いてる人が次に取るべき行動』で紹介した方法を参考に準備を進めてくださいね。

なお、以下の記事では不動産業界の志望動機の書き方を紹介しています。

他にも、志望動機を手軽に書けるテンプレートも紹介してるので、「就活はやることが多すぎて大変だ…」という方はぜひ読んでくださいね。

型を使って簡単に書ける!不動産業界の志望動機を書くポイントと例文3選

2021.03.23

関連記事一覧