型を使って簡単に書ける!不動産業界の志望動機を書くポイントと例文3選

「不動産業界の志望動機って何を書けば良いのだろう?」
「上手に書くための方法ってないのかな…?」

不動産業界で働きたいあなたは、志望動機が書けずに困っているのではないでしょうか。

そこで本記事は、不動産業界の志望動機を書くポイントについて解説します。

記事の後半では、志望動機を書くためのテンプレートや職種別の例文も紹介しているので、これを読めば手軽に志望動機が作れますよ!

なお、志望動機を書くためには、業界研究を進める必要があります。

以下の記事では、不動産業界の現状や今後について解説しているので、志望動機に深みを持たせたい方はチェックしてくださいね。

1.不動産業界の志望動機を書くポイント3選

不動産業界の志望動機を書くポイントは、以下の3つです。

いずれも共通しているのは、企業と自分との間に接点を作ることでしょう。

というのも、採用面接官の多くは、社員の早期離職を何より警戒しています。

いわゆる「採用のミスマッチ」と呼ばれるものですが、だからこそ接点を作り、企業との相性の良さを示すことが重要なのです。

(1)なぜ不動産業界を志望するのか

志望動機を考えるうえで、まず最初に考えなくてはならないのが「なぜ不動産業界を志望するのか」です。

採用担当者が就活生の価値観を知る際の手がかりとして、動機を探ろうとします。

この動機に当たるものが、業界への志望理由というわけですね。

ポイントは、「他の業界では駄目な理由」も合わせて用意しておくことです。

たとえば、「人々の豊かな生活のために不動産業界を志望した」という意見では、不動産業界であることの必要性が見えてきません。

そのため、「住宅の提供を通じて〜」など、不動産業界でしかできないことを必ず盛り込みましょう。

(2)不動産業界の中でなぜその企業を志望するのか

「なぜ不動産業界を志望するのか」を明らかにしたら、次に「なぜその企業を志望するのか」を考えていきましょう。

先ほども少し触れたとおり、採用面接官はミスマッチが起こることを強く懸念しています。

そこで「弊社を志望した理由は?」と尋ねることにより、就活生の熱意や志望度を確かめようとするのですね。

この回答を用意するうえで、非常に役立つのが就活の軸です。

就活の軸とは、企業との適性を示すために使う自己アピールの1つで、これをあらかじめ決めておくと、自分の回答に一貫性が生まれます。

面接の際にも役立つので、「その企業を選んだ理由をうまく言えない…」と悩んでいる方は以下の記事をチェックしてくださいね。

もうESや面接で迷わない!就活の軸の一覧・決め方・答える時の注意点

2020.10.02

(3)不動産業界で実現したいことは何か

業界や企業への志望理由が決まったら、最後に不動産業界で実現したいことを考えていきましょう。

「働いたこともないのに実現したいことなんて分からない…」と思われるかもしれませんが、これは業界研究を進めるとある程度見えてきます。

たとえば、現在の不動産業界は「住宅に求められる価値や居住者のニーズが多様化している」という課題を抱えています。

もし、「この課題を解決せよ」と任された場合、あなたならどう答えるでしょうか?

普通なら「様々なニーズに対応するためにリノベーションを提案する」という回答になるでしょう。

しかし、より一歩踏み込んで「DIYやカスタマイズが可能な賃貸物件を推し進めていく」と回答できれば、この時点であなたの実現したいことができあがります。

このように、業界研究で得た知識に自分ならでは見解を盛り込むと、実現したいことが自ずと見えてきます。

そのため、「実現したいことが見つからない…」という場合は、もう1度業界研究を見直してみましょう。

2.不動産業界に就職するなら志望動機の型を覚えよう!

「不動産業界の志望動機を書くポイントが分かった」
「でも、これを志望動機として形にするにはどうずれば良いのだろう?」

結論から述べると、実は志望動機には上記の画像のような型(フレームワーク)があります。

このフレームワークに必要な情報を埋めていくことで、簡単に志望動機が作れるのです。

実際に、不動産業界の志望動機を作ってみましょう。

不動産業界の志望動機例文

①ビジョン
私が貴社を志望したのは、魅力ある街作りに携わりたかったからです。
②業界
私はこれまで、計4つの都市に住んだ経験があり、その影響で街を探索することが好きでした。特に楽しみだったのは街が成長する過程を見ることで、次第に私は都市開発が人々の生活に与える影響の大きさを意識するようになりました。
③企業
貴社を志望したのは、数ある都市開発企業の中でも、特に施設の立地や利便性を重視していると感じたからです。最近の都市開発は街並みや雰囲気を重視するがあまり、利便性が伴っていないものが増えていると感じています。街の美しさは、利便性があって初めて際立つものです。貴社はその点でも非常に誠実に街作りに取り組んでおられると感じました。
④業務・職種
私は「人々の暮らしやすい生活があってこその都市である」ということを、貴社で証明したいです。

(378文字)

このように、社会人としてのビジョンや業界に対する知識、企業への熱意を盛り込むと志望動機に深みが生まれます。

あとは、『1.不動産業界の志望動機を書くポイント3選』で解説したポイントや自身の経験を反映させるだけなので、試しに志望動機を作成してみてください。

なお、他にも志望動機にはいくつか型があります。

以下の記事では、穴埋め形式で使えるものを紹介しているので、「もっと手軽に志望動機を作りたい!」という方はチェックしてみましょう。

就活生必見!穴埋め形式で志望動機が書けるテンプレートを紹介

2020.06.12

3.【職種別】不動産業界の志望動機例文

不動産業界の志望動機の例文を職種ごとにわけて紹介します。

事務職のように、どんな業界にもあるものを除くと、不動産業界の職種は主に上記の3つに分けられます。

職種によって伝えるべきポイントも微妙に異なるので、それも合わせて確認していきましょう。

(1)営業職の志望動機例文

不動産営業の志望動機は、「自分がどのような価値を提案したいか」を意識すると良いでしょう。

その一方で、営業は他業界にもある職種のため、「なぜ不動産業界でなくてはいけないのか」を特に強調する必要があります。

書くことに困った時は、自身の経験やエピソードを絡めてみてください。

営業職の志望動機例文

①ビジョン
私は高性能住宅の提供を通じて、多くの人に豊かな生活を提供したいと思います。
②業界
私は以前、家賃の安さを理由に1Rの古いアパートに住んでいたことがあります。しかし、そこはすきま風や家鳴などかなりひどい物件でした。ストレスのあまり、一時期はノイローゼに近い状態に陥ったのですが、それをきっかけに「よりよい住まいを見つけることは人々の幸福に繋がる」という考えにいたりました。
③企業
そこで私が知ったのは、高性能住宅の存在です。高性能住宅は断熱性や気密性など、人々が快適に住むための性能が高いレベルで実現されています。しかし一方で、高性能住宅は無駄な機能が備わっていることにより、費用が嵩むことも多いです。貴社は数ある注文住宅会社の中でも、お客様のニーズにあった住まいを提案しています。自社の利益が少なくなることを厭わないその姿勢に、私は感銘を受けました。
④業務・職種
私は、貴社こそが注文住宅会社のあるべき姿だと思っています。そんな貴社で、多くの人に豊かな生活を提供したいと思います。

(443文字)

(2)企画・開発職の志望動機例文

企画・開発職は、土地の仕入れや建物のコンセプト作成、販売価格の設定などを取りまとめる仕事です。

マンションのよう居住施設はもちろん、商業施設や医療施設など扱う建物の種類は多岐に渡ります。

建物や施設によって抱えている問題が異なるため、それに関する知識を盛り込めると良いでしょう。

企画・開発職の志望動機例文

①ビジョン
私は商業施設の企画や開発を通じて、様々な人に笑顔や幸せを届けたいと思っています。
②業界
私は幼い頃から、家族でショッピングモールに出かけるのが大好きでした。私にとって、ショッピングモールは巨大な宝箱のような感覚だったのを今でも覚えています。高校生になってからはショッピングモール内のレストランでアルバイトをしていたのですが、そこで私は建物の老朽化や店舗ごとの業績のばらつきなど、ショッピングモールの厳しい現実を知りました。
③企業
貴社は数ある企業の中でも、人々の暮らしに密着した開発を行なっています。また、地方のショッピングモール存続のために、テナントの誘致にも果敢に取り組んでいます。
④業務・職種
私が貴社の企画・開発職に就いた暁には、そこでお買い物をするお客様はもちろん、働く店員にも笑顔や幸せを届けられるようにサポートしていきたいです。

(339文字)

(3)管理職の志望動機例文

管理職はルーティンワークになりやすいため、独自のエピソードを盛り込むなどして、他の就活生との差別化を図りましょう。

また、管理職はマンションやアパートの欠点や問題点を見抜くことが求められます。

そのため、自分の観察力をアピールできると「適性がある」と判断されやすくなりますよ。

管理職の志望動機例文

①ビジョン
私は、居住者の誰もが満足できるような環境作りに貢献したいです。
②業界
以前、私は住んでいるマンションが雨漏りに見舞われた際、そこの管理人に助けてもらったことがあります。いつもは目立たない存在だった彼ですが、ここぞという時に頼れるその姿に、とても憧れたのを覚えています。それ以降の彼の仕事ぶりを何気なく見る機会が増えたのですが、そこでマンションの管理人が居住者にとっていかに重要な存在なのかを知ったのです。
③企業
私が貴社を志望したのは、マンション修繕の際、リノベーションに積極的に取り組んでいると感じたからです。近年、日本では少子高齢化が進んでいます。居住者にお年寄りが増えれば、それだけ居住者のニーズに合わせてバリアフリーなどのサポートが必要となります。
④業務・職種
私はかつての管理人に助けられたように、住宅を通じて他の誰かを助けてあげたいです。また、
きめ細やかな仕事に取り組む貴社で、誰もが満足できるような環境作りに貢献したいです。

(399文字)

4.どうしても志望動機が書けない方は『志望動機ジェネレーター』がおすすめ!

「ポイントは分かったけど、どうしても志望動機が書けない…」
「もっと簡単に志望動機を作る必要はないかな…?」

そんな方におすすめしたいのが『志望動機ジェネレーター』です。

これは、別名『志望動機メーカー』とも呼ばれているもので、簡単な質問にいくつか答えるだけで面接官を唸らせるような志望動機が作れます。

しかも、志望動機を作成するのに必要な時間はわずか3分程度なため、「締め切りまで時間がない…」といった緊急時にも利用できます。

もちろん、利用するにあたって費用はまったく掛かりません。

簡単な登録作業を終えればすぐに使い始められるので、志望動機に苦手意識がある方はぜひ活用してくださいね。

まとめ

この記事では以下の内容について解説しました。

まとめ
  • 不動産業界の志望動機を書くポイント3選
  • 不動産業界に就職するなら志望動機の型を覚えよう
  • 【職種別】不動産業界の志望動機例文
  • どうしても志望動機が書けない方は『志望動機ジェネレーター』がおすすめ

志望動機を書くうえで重要なのは、企業と自分との間に接点を作ることです。

最低限それさえ守れていれば、志望動機として成り立ちます。

ただし、選考を通過するためには、業界研究をより深める必要があります。

以下の記事では、業界研究セミナーで他の就活生と差をつけるポイントを解説しているので、「就活に失敗したくない…!」という方はチェックしてくださいね。

業界研究セミナーで他の就活生と差をつけるためのポイント4選!

2020.04.12

関連記事一覧