【デベロッパー志望動機】差別化した志望動機を書くポイントと例文3選

「デベロッパーの志望動機って何を書けば良いのだろう?」
「簡単に書くコツって何かないかな…?」

デベロッパーを志望しているあなたは、このような悩みを抱えていませんか?

そこで、本記事はデベロッパーの志望動機を書くポイントについて解説します。

記事の後半では、職種別の志望動機例文や手軽に書くためのツールも紹介しているので、これを読めばデベロッパーへの就職に一歩近づけますよ!

なお、デベロッパーの志望動機を書くためには、具体的な仕事内容について知っておく必要があります。

以下の記事では、デベロッパーとゼネコンの違いや平均年収について紹介しているので、「どれくらいの年収なのだろう…?」と気になる方もチェックしてみてください。

デベロッパーとは?【主な仕事内容・ゼネコンとの違い・平均年収を解説】

2021.05.10

1.デベロッパーの志望動機を書くポイント3選

デベロッパーの志望動機を書くポイントは以下の3つです。

一般的に、志望動機を書くうえで最も重要とされているのは「熱意」とされています。

しかし、それよりも大事なのは「企業とあなたの接点」です。

というのも、採用担当者が何よりも恐れているのは採用のミスマッチだからです。

つまり、熱意も重要であることに違いないのですが、それだけでは「なぜ弊社でなくてはならないのだろう?」といった「動機」を説明しきれないのですね。

それを踏まえたうえで、志望動機を書くポイントをチェックしていきましょう。

(1)なぜデベロッパーを志望するのか

あらゆる志望動機の出発点になるのが、その業界に対する思いです。

これが説明できないと、あなたの価値観やバックボーンが伝わらず、後述の「企業との接点」も薄れてしまいます。

たとえば、面接時に「自分も街づくりに協力したいと思いデベロッパーを志望した」と述べたとしましょう。

一見すると特に問題なさそうに思えますが、これではデベロッパーであることの必要性は説明できません。

というのも、街づくりは何もデベロッパーだけでなく、ゼネコン業界なども行なっていることだからですね。

こういった反論を跳ね返すためにも、「なぜデベロッパーでなくてはならないのか?」「デベロッパーである必要性は何か?」を説明する必要があるのです。

(2)数あるデベロッパーの中でなぜその企業を志望するのか

デベロッパーへの志望理由を明らかにしたら、次に「なぜその企業でなくてはならないのか?」を考えましょう。

先ほども説明したとおり、採用担当者の多くは企業と学生とのミスマッチが起こることを何よりも恐れています。

そのため、様々な角度から「企業への志望動機」を探ろうとするのですね。

この「企業への志望動機」を考えるうえで、特に役に立つのが就活の軸です。

就活の軸とは、簡単にいってしまえば会社選びの基準となるもので、志望動機や自分の価値観をアピールするのに使えます。

以下の記事では、就活の軸を一覧形式で紹介しているので、「どのように企業にアピールすれば良いのだろう…?」と悩んでいる方は参考にしてくださいね。

【そのまま利用可能!就活の軸例文】業界・職種別に例を紹介

2021.05.01

もうESや面接で迷わない!就活の軸の一覧・決め方・答える時の注意点

2021.05.01

(3)デベロッパーに就職して実現したいことは何か

「なぜその企業でなくてはならないのか?」を明らかにしたら、最後に「自分が実現したことは何か?」を考えましょう。

これは、志望動機でいうところの熱意や志にあたるものです。

なぜこのように企業が熱意を重視するかというと、それが仕事や努力することへの原動力になるからですね。

仮にどんなに優秀だったとしても、人間は「自分が興味のないもの」や「自分にとって価値のないもの」に対してやる気を出すことはありません。

また、仮に「やる気がある」と言っていたとしても、それに具体性が伴っていなければ「本当にやる気があるのだろうか…?」と疑わしく感じられます。

だからこそ、「実現したいことは何か?」と具体的に聞くことで、その人の熱意を確かめようとするのです。

2.デベロッパーに就職するなら志望動機の型を覚えよう!

「デベロッパーの志望動機のポイントが分かった」
「でもこれをどうやって志望動機に落とし込むのだろう…?」

結論から述べると、実は志望動機には上記の画像のような型(フレームワーク)が存在します。

志望動機を書くポイントを押さえた方は、次にこのフレームワークを使ってデベロッパーの志望動機を作ってみましょう。

デベロッパーの志望動機例文

①ビジョン
私が貴社を志望したのは、みなとみらいの開発事業に携わりたかったからです。
②業界
私は子供時代、父親の転勤に伴って数多くの都市に住んだ経験があります。特に好きだったのは横浜の街並みで、よく父親に連れられてランドマークタワーや山下公園に遊びに行ったことを覚えています。
③企業
みなとみらいは日本各地を転々としていた私にとって心の故郷であり、高校生の頃には「自分もこの素敵な街づくりに協力したい」と考えるようになりました。私が貴社を志望したのは、数あるデベロッパーの中でもみなとみらいの開発に力を入れていたからです。
④業務・職種
みなとみらいでは現在、居住人口の増加が思ったより進んでいないという問題があります。私が貴社の◯◯部に就いた暁には、みなとみらいの魅力を積極的にアピールして、居住者の増加に努めたいです。

(341文字)

このように、「ビジョン」や「業界」、「企業」、「業務・職種」といった要点を押さえると、その企業と自分との間に接点が生まれやすくなります。

ちなみに、志望動機にはこのような型やテンプレートがいくつか存在します。

以下の記事では、穴埋め形式で使えるテンプレートを紹介しているので、「他のパターンも知りたい!」という方はチェックしてくださいね。

就活生必見!穴埋め形式で志望動機が書けるテンプレートを紹介

2021.04.23

3.【職種別】デベロッパーの志望動機例文

デベロッパーの志望動機と例文を職種ごとに分けて紹介します。

【職種別】デベロッパーの志望動機例文

企業によって名称が多少異なりますが、デベロッパーの職種はこれら3つに分けられています。

ポイントは、職種によって求められる人物像やアピールポイントが変わってくることでしょう。

それを踏まえたうえで、これらの例文について確認していきましょう。

(1)総合職の志望動機例文

総合職とは、様々な部署に配属される可能性がある職種のことです。

「なぜその企業でなくてはならないのか?」「なぜその職種を選んだのか?」を積極的にアピールする必要があります。

また、その企業が独自に行なっている事業やサービス、所有する建物や施設の傾向などに触れられると評価されやすいですよ。

デベロッパーの志望動機例文

①ビジョン
私は、アフターコロナのニーズに答えられるオフィスビルを企画し入居者が気持ちよく働ける環境を届けたいです。
②業界
2020年以降、不動産業界はコロナ禍の影響で大打撃を受けていきます。特に影響が大きいのはオフィスビル事業です。全国各地で空室率が上昇しており、今後はアフターコロナを見据えたオフィスビルを企画することが求められています。
③企業
貴社は、アフターコロナを見据えたオフィスニーズを予測しようと努めておられます。特に素晴らしいのはビル内のICT技術の推進です。
④業務・職種
私は、人が多く集まるオフィスビルにおいて、コロナウィルスがいかに不安な存在なのかを理解しています。私はそんな利用者の不安感を解消するために、アフターコロナを意識したオフィスビルを企画したいです。

(315文字)

(2)営業職の志望動機例文

デベロッパーにおける営業職とは、オフィスビルや商業施設に入居してくれる事業者を探す仕事です。

デベロッパーの収益はテナントからの賃料が大多数を占めているため、営業職の役割は非常に重要です。

また、たとえば小売店に営業をかけるなら「小売店ならではのメリット」を、「飲食店には飲食店ならではメリット」を説明する必要があります。

そのため、他業種に対する理解が求められる職種だといえるでしょう。

営業職の志望動機例文

①ビジョン
私は商業施設のテナント誘致を通じて、多くの家族に笑顔を届けたいと思っています。
②業界
私は幼い頃から、家族で近所の商業施設に出かけるのが大好きでした。私にとって、そこは遊園地のような場所であり、「大人になったらこんなところで働きたい」と子供ながらに考えていたの覚えています。
③企業
高校生になってからはその施設内のレストランでアルバイトを始めたのですが、そこで私は商業施設の厳しい現実を知りました。客足が減少しているにも関わらず、テナント料は据え置き。運営側も積極的な打開策を打たず、その商業施設は閉鎖に追い込まれてしまいました。私が貴社を志望したのは、テナントの誘致に積極的に取り組んでおられると感じたからです。
④業務・職種
私が貴社の営業職に就いた暁には、客足が途絶えないことを第一に魅力的なテナントを誘致したいです。そして、そこで働く店員はもちろん、お客様に笑顔を届けられるようサポートしていきたいです。

(414文字)

(3)技術職の志望動機例文

技術職とは、簡単にいってしまえば建物の設計に関わる分野です。

一言で建物の設計といっても、意匠設計や構造設計などに分かれており、種類によって求められる専門性が異なります。

そのため、志望動機を書く際は「大学生としてどんなことを研究したか」を盛り込むことが重要です。

技術職の志望動機例文

①ビジョン
私は自身の研究成果を活かして、マンションリフォームの品質向上に貢献したいと思います。
②業界
私の実家はとある分譲マンションの一室なのですが、近くに繁華街があったことから、長い間騒音問題に悩まされていました。母がノイローゼ気味になったことから防音リフォームをしたのですが、おかげであれほど苦しめられていた騒音から開放されました。そこで「住まいの品質がどれほど人間の生活をどれほど幸福にするか」を知ったのです。
③企業
デベロッパーの多くはマンションリフォーム事業に力を入れていますが、その中でも貴社は防音技術を強みとしています。そんな貴社でなら、私の思いである「住まいがもたらす幸福な社会」を実現できると考えました。
④業務・職種
私が研究していた材料工学の知見を活かし、貴社のマンションリフォームの品質向上に貢献したいです。

(345文字)

4.『志望動機ジェネレーター』を使えば志望動機を手軽に作れる!

「志望動機をどんな風に書くか分かったけど、これを自分の言葉に置き換えられるかな…?」
「もっと簡単に志望動機を書きたいな…」

そんな方におすすめなのが『志望動機ジェネレーター』です。

これは大手就活サービス「キャリアパーク就職エージェント」が提供しているもので、なんと簡単な質問にいくつか答えるだけで志望動機が作れるツールとなっています。

しかも、作成するのに必要な時間はわずか3分程度なうえ、複数社の志望動機を効率的に作成できます。

もちろん、利用するにあたって費用はまったく掛かりません。

簡単な登録作業を終えればすぐに使い始められるので、志望動機に苦手意識がある方はこの機会に活用してみてはいかがでしょうか。

デベロッパーに向いているのか診断しよう

自分がデベロッパーに向いているのか気になりますよね。

自己分析で大事なのは、”企業が求める能力と自分の能力が合っているかどうか”を判断することです。

自分にどんな強み・能力があるかを素早く正確に把握できるのが、スカウト型就活サービスを提供しているOfferboxのAnalyze U+という機能です。

Analyze U+は、自己分析の精度が高いのはもちろん、その結果に興味をもった企業からスカウトが届きます。

実際にプロフィールを80%以上入力した学生のオファー受信率は93.6%!
5分で登録できるので、今すぐ登録して自分の強みを把握するようにしましょう!

\無料で自己分析/

まとめ

この記事では以下の内容について解説しました。

まとめ
  • デベロッパーの志望動機を書くポイント3選
  • デベロッパーに就職するなら志望動機の型を覚えよう
  • 【職種別】デベロッパーの志望動機例文
  • 『志望動機ジェネレーター』を使えば志望動機を手軽に作れる

デベロッパーの志望動機を書くうえで、ポイントとなるのが「企業と自分との間に接点を作ること」です。

これがないと、採用担当者が最も知りたがっている「動機」を説明できません。

熱意もたしかに重要ですが、「自分はなぜこの業界を志望しているのか?」「その中でもなぜこの企業でなくてはならないのか」を徹底的に突き詰めるようにしましょう。

なお、「志望動機が上手く書けない…」と悩んでいる方は、志望動機を要素ごとに細かく分けることをおすすめします。

その要素については以下の記事で解説しているので、志望動機を書くのに疲れてしまった方は参考にしてくださいね。

【最適文字数で志望動機を書こう】7つの要素をマスターすれば完璧!

2021.04.02

関連記事一覧